Aal Izz Well ~ きっとうまくいく

新宿で働くIT系プロダクトマネージャーが語る会社員の働き方・生き方

Kindle Paperwhiteは世の中全ての読書好きが買った方が良い

タイトル通りです。

今年に入ってからKindle Paperwhiteを買ったのです。

皆さん、Kindle Paperwhiteは買った方がいいです。

 

私が感じている理由は主に2つです。

 ・読書以外のことに邪魔されない

 ・サイズ感が手頃でいつでもどこでも読みやすく、常に持ち運べる

 

私自身はもともとすごく本を読むという方ではないのですが、せめて週に1冊くらいを継続的に読むのを目標にしていました。

 

でも昨年はそこまで結局達成できなかったなという反省もあり、やり方を変えてみることにしました。実は読書に関しては以前からいろいろとやり方を試しました。

 

もともとiPad miniを持っていたのでそれにKindle アプリを入れて読んだりもしていました。
iPad miniが次第に古くなり、その後iPhoneで読むようにしていたのですが、なんだか思うように読み進まず、1冊読むのにすごく時間がかかっていたのですよ。
その後、電子書籍をいったん卒業してリアル本にしてみましたが、やっぱりカバンに入らなかったり、保管に場所をとったりで利便性にかける。保管しておくだけでホコリもたまっていって衛生にもよくない…。

 

そんな中でKindle Paperwhiteに出会いました。
目が疲れないなど色々とユーザビリティは洗練されているようですが、自分としてはまず何よりも本の世界だけに入り込めるという点を自分はとても気に入っています。

気付いたのですが、iPhoneKindleアプリの読書をしていた時は、途中で入ってくるLINEやメールなどに邪魔をされていたはずなのです。読書の時間は基本的に通勤時間の片道40分の間です。朝なので、友人や同僚も活発に動き始めて、わりと連絡が来たりします。今その場で返さなければいけない連絡というわけでもないのに、気になって返してしまって読書を途中でストップしてしまう…そんな状態だったのです。

その点Kindle Paperwhiteは読書をするという機能以外なにもないので、邪魔されず読書に集中することができます。

最近はずっとリモートワークなので通勤時間というものがなくなってしまいましたが、それでも普段の通勤時間と同じくらいの読書時間を確保するようにしています。

 

そしてもうひとつ自分としてオススメなのがサイズ感。

ほぼ文庫本サイズです。暑さはカバーをつけても1センチもないくらいです。重さもスマホよりも軽いです。

これによって何が良いかというと、まずひとつは読みやすさ。iPhoneだとやはり画面が小さいので画面のスクロールが多くなります。その点、ぱっと見たときの情報量が多く、ページに書かれていることの全体が理解がしやすいと感じています。

そしてもうひとつはもちろん持ち運びの容易さ。仕事用のカバンにはもちろん余裕で入ります。普段オフの日はボディバッグで出かけることが多いのですが、それにもすっぽり余裕で入ります。ちょっとした移動時間、待ち合わせの間の隙間時間、さっと取り出してどこでも読めるというのが本当に良いですね。

 

昨年は1週間に1冊という目標は未達でしたが、今年に入ってすでに4ヶ月以上が経った今、現時点では順調です!むしろそれよりも良いペースです!笑

なんとなくクールなイメージもあるし、持ち歩きたくもなるので、それがさらに読書量を後押ししてくれているかなと思います。

 

ぜひ読書好きな方は試してみてください!