Aal Izz Well ~ きっとうまくいく

新宿で働くIT系プロダクトマネージャーが語る会社員の働き方・生き方

麒麟の翼 / エイプリルフールズ

今日は雪が降っていて、なかなか外出する気が起きず、予定をキャンセルして家で映画を観ることに。以前は映画を観る習慣なんてなかったんですけど、最近は自宅にいるとつい観てしまいますねー。今日観たのは「麒麟の翼」と「エイプリルフールズ」。片や東野圭吾氏のミステリー、片やコメディ。

 

麒麟の翼は、3年前にある中学校で発生したひとつの事故の際の一人の教師の誤った気遣いが引き金となり、結果、関わった生徒のうちの1名の父親が殺害され、無関係の人が容疑者扱いされるという様々な運命が描かれたもの。不適切な指導が人の運命を誤った方向に運んで行ってしまったという点、誠実であることの大事さを伝えたかったのであろう一方で、被害者は真面目でありすぎたために殺害されてしまったという面もあり、正しい生き方とはなんぞ、、とちょっと考えさせられる作品でした。

 

片やエイプリルフールズはある年のエイプリルフールの出来事。キャストが豪華なわりに内容が、、、という感想はさておき、早い話、人を不幸にしたり、迷惑をかける嘘がある一方、幸せにする嘘もあるといった話をコミカルに描いたもの。

 

全然アプローチが違いますが、結局正しい生き方なんてありません、、ということを再認識した1日でした。笑